高円寺駅前皮膚科 東京JR中央線 駅に近い皮膚科

高円寺駅前皮膚科公式サイトトップロゴ

高円寺駅前皮膚科診療案内  

診療案内

診療日・受付時間

診療時間 日・祝
09:30~12:00
15:00~19:00

:土曜日午前 09:30~13:00 = 長めになります。

※平日は19時まで受付しております。

受付は診察開始 15分前からになります。
それ以前は鉄扉が閉まっておりますのでご注意下さい。
 

休診日

日・祝日が休診日になります。

臨時の休診は極力なくすように努めております。

 やむを得ない休診や代診がある場合は、事前に告知していきます。
 最新情報はトップページの NEWS または お知らせ にてご確認下さい。
 

診察担当スケジュール

診療日 日・祝
午前 院長 女医 院長 院長 女医 院長
午後 院長 院長 院長 院長 男医

火曜日は女性のゲスト医師の診察になります。 院長の代診になることも、あります。
金曜日は女性・男性のゲスト医師の診察になります。
 

予約システムについて

 当院では、予約システムを導入しております。
 予約された方を優先的にご案内いたしますので、待ち時間が少なく診察を受ける事が可能です。
 詳しくは 診察予約のページ をご覧下さい。

※予約なしでの診察も歓迎いたします。
 

患者様へ

・受診時には 保険証(月が変わった際)と、お持ちの方はお薬手帳をご持参下さい。

・初診の方は、ご来院時に受付にて「初診」をお申し出ください。
問診票をお渡ししますのでご記入の上、ご提出ください。順次、診察室へご案内いたします。

・診療は 日本語で行います。事故防止のためご理解・ご協力をお願い致します。

※クレジットカードでのお支払いは承っておりません。
 

診療科目

  • 湿疹皮膚炎: 肌荒れ、手荒れ、湿疹、かぶれ、ふけ症、アトピー性皮膚炎、…
  • 蕁麻疹痒疹: じんましん、皮膚そう痒症、虫刺症、結節性/多形慢性痒疹、…
  • 中毒疹  : 薬疹、ウイルス/細菌疹、日光疹、自家感作疹、紅皮症、…
  • 脈管疾患 : しもやけ、末梢動脈疾患、静脈瘤、むくみ、潰瘍、壊疽、…
  • 付属器疾患: にきび、赤ら顔、抜け毛、多毛・脱毛、巻き爪、…
  • 物理的障害: 魚の目・たこ、やけど・凍傷、床ずれ、日やけ、老化、自損、…
  • ウイルス症: ヘルペス、いぼ、みずいぼ、はしか、風疹、リンゴ病、…
  • 細菌感染症: とびひ、おでき、ひょう疽、丹毒、蜂巣炎、ガス壊疽、…
  • 真菌感染症: みずむし、たむし、カンジダ、でんぷう、深在性真菌症、…
  • 特殊感染症: エイズ、梅毒、結核、ハンセン病、疥癬、毛じらみ、寄生虫症、…
  • 良性腫瘍 : イボ、ホクロ、母斑、粉瘤、汗管腫、線維腫、血管腫、脂肪腫、…
  • 悪性腫瘍 : 皮膚がん、付属器がん、メラノーマ、悪性リンパ腫、肉腫、…
  • 浅層炎症性: 乾癬/類乾癬/苔癬、天疱瘡/類天疱瘡、膿疱症、…
  • 深層炎症性: 膠原病、血管炎、紅斑症、肉芽腫症、脂肪織炎、…
  • 浅層形成性: アザ、シミ/ソバカス、白斑、魚鱗癬、先天性角化症/水疱症、…
  • 深層形成性: ケロイド、アミロイドーシス、黄色腫、沈着症、萎縮/変性症、…

 上記の疾患分類は恣意的なものですので、参考程度にお考え下さい。
 皮膚に関することでしたら、何でもお気軽にご相談下さってけっこうです。 ただしあれもこれもではなく 本当にお困りのこと を優先できるように、ご協力をお願いいたします。
 あくまでも対面での診察を重視していきたいと考えております。

※当院ではレーザー照射や紫外線照射などの特別な機器は取り扱っておりません。
 

外来小手術(保険診療)

局所麻酔の注射をうち、メスやはさみで腫瘍を摘出したのち、止血して創を閉じます。

皮膚の切除は「必要・最小限」、かつ「必要>最小限」を信条としています。
望ましいと判断した際は、縫合しない手術=オープン法も励行しています。
縫合創が 5cmを超えそうな大きめの腫瘍は、他院もご紹介します。
局所麻酔注射にこだわり、できるだけ痛くないよう心がけます。

対象疾患

  • 母斑(ほくろ)
  • 脂漏性角化症(くろいぼ)
  • 線維腫(軟/硬)
  • 粉瘤(こぶ)
  • 血管腫(ボトリオなど)
  • 脂肪腫(しこり)

   ・・・ほか、皮膚・皮下腫瘍全般に対応します。

  • 陥入爪(まきづめ)
  • 外傷(けが)
  • 膿瘍(うみ)

   ・・・ほか、腫瘍ではない疾患にも手術の出番があります。

  • 前癌病変や皮膚がん: 診断を重視し、生検もします。

   ・・・大きい病院のご紹介も積極的に行い、無理はしないよう心がけています。
 

★ 炎症性粉瘤
特に重視している疾患であり、一期的な根治術を信条とします。
待機可能なら適切な内服薬でつなぎ、後日手術します。早急な排膿が必要なら、

  1. 再診可能な方 … その場で膿だけ出して、袋の摘除目的のオペ枠も予約する。
  2. 再診困難な方 … 再発の可能性もご説明したうえで、切開排膿のみ行う。
  3. その場でへそ抜き根治する。

 のいずれかを選択致します。

★ 巻き爪
重視している疾患であり、できるだけ保存的≒可逆的に治療をします。
ただ、末広型の方などには、フェノール法をお勧めすることもあります。

★ 炎症性/形成性疾患の皮膚生検
通常の診察で診断困難な場合、病理組織検査を行うこともあります。
麻酔をして多くは「パンチ」という丸い刃物で皮膚をくりぬき、止血をかねて 1-2針縫合することが多いです。

★ ほくろ ≒ 母斑細胞母斑 ≒ 色素性母斑
ダーモスコピーを重視します。
特に顔ではオープン法を推奨することが多いですが、縫合することもあります。
小さいものであればレーザー焼灼もお勧めできます。 その場合、他院のご紹介が可能です。

★ その他の腫瘍
皮膚科医の矜持をもって最良をご提案させて頂きます。
 

手術の概要

 疾患の性質・その日の混雑の具合によっては即日手術することもあります。 ただし、待機可能な疾患の患者様は原則として後日に予約を取って手術しております。
 あくまで診断重視でまいります。 事前に診察し、疾患の性質を鑑みたうえで、月・水・木・金曜日の昼12時ちょうどに予約します。
 所要時間の目安は20~30分程度になります。

1.術前診断を重視しています。
悪性が疑われる場合、皮膚生検もしくは関連病院へのご紹介を優先します。

2.安心・安全を確保します。
麻酔や抗生剤のアレルギーのおそれがある場合は、必ずお申し出ください。

3.再発なくとりきることを心がけます。
粉瘤については化膿していても、切開だけでない一期的根治を目指します。

4.きれいな傷跡を目指します。
必要時は丁寧な真皮縫合=中縫いをおこない、ケロイドの予防に努めます。
 

^